足らないものがある。 明日、満たそうとするものがある。 それが生きるということ。

2017/10/13のコトバ