距離がある希望

 

(今日のコトバ)

 

高望みしていると、

希望も大きくふくらんでいく。

 

 

 

 

そこそこでいいと考えるより、

ないものねだりでも、

高嶺の花でも、

高望みでも、

距離がある希望に

手を伸ばすことで

成長することがある。

すぐに達成する目標を設定して、

簡単にクリアする。

それも大切だが、

自分が研鑽して、

努力して目標を達成すれば、

自分の能力もアップし、

目標達成という一石二鳥になる。

当然、自分の進化を感じ、

もっと高い希望や夢に

トライしようと思う。

距離がある希望。

もし、いま、自分が停滞期にあると思う人は、

希望を掲げよう。

できれば、

少し高く距離があるものがいい。

その希望を叶えるために邁進すれば、

自分のあらゆる機能が進化する。

いいことの比重が高いトライだ。

挑戦者の無鉄砲

 

(今日のコトバ)

 

王者は、

挑戦者の放つ無鉄砲という武器を

持つことができない。

 

 

 

頂点に立つということは、

最高の力を保持すること。

特に、王者といわれる者は、

オフェンス、ディフェンス、どちらも

高い技術を持っている。

ただ、唯一、

挑戦者より足りないものがある。

それは何か。

「無鉄砲」という戦術。

失うものがない状況が、

破れかぶれになり、

想像を超えた、

想定を超えたムチャをする。

その発想に王者はついてこれない。

あるいは、あっけに取られて、

自分の能力が停止してしまう。

王者が挑戦者に

敗北の芽をつくってしまう。

人生も同じかもしれない。

途轍もなく大きな者に

立ち向かっていくには、

無鉄砲な部分で勝負していい。

もちろん、能力を高めて

挑戦するのはもちろんだが、

それだけでは足りない何かを

無鉄砲に賭けてみる。

勝機はそこに生まれる。

自分が挑戦者の時、

無鉄砲という戦術もあることを

忘れてはいけない。

 

一生かけて解いてく自分

 

(今日のコトバ)

 

自分。

それは、一生解くことのできない

難問である。

 

 

 

 

生まれてから、

ずっと一緒にいるのに、

よくわからない。

少し正確にいうと、

物心ついた時から、

ずっと一緒にいるのにわからない

自分という人間。

どれだけ成長しても、

どれだけ学んでも、

しいていえば、

自分の傾向と対策はわかる。

性格も、癖も、腕力も、知識も、

ある程度わかる。

だが、そ

れでも状況によって変化する。

穏やかだと思った性格が、

ある沸騰点を越えると、

突然キレてしまう。

その沸騰点がわからない。

癖も非難されることもあれば、

愛されることもあって、

相手の反応で、

自分の気持ちも変わる。

腕力も鍛えている時と

鍛えていない時では、

勢いが違ってくる。

その日、その時の状況で

変わる自分。

そして、答えの出ない自分。

だからこそ、

自分にあきない。

つまり、

人生にあきないということになる。

自分。

この一番身近にいる問題を

一生かけて解いていく。

面白い人生だと思わないか。

 

たくさんの幸せに守られている

 

(今日のコトバ)

 

幸せは、

小さなものまで数えると無限にある。

不幸は、

どんなに数えても2つか3つだ。

 

 

生きていると、

幸せと不幸の数を数えることなど

あまりしない。

幸せは数えないが、

不幸だけ数えてしまう人は

いるかもしれない。

ただ、ほんとうに幸せと

不幸の数を数えてみると、

圧倒的に幸せの数が多いことに気づく。

そもそも普通に生活できている人は、

普通の生活の中に

幸せがたくさんつまっている。

楽しい、嬉しい、感動した、

休めた、受かった、昇格した、

入学した、恋をした、夢を見た等、

みな幸せのカテゴリーに入る。

反対に、不幸とは何か。

一人の人が一度にかかえられ不幸なんて、

1つ、2つ、3つあるだろうか?

大病した、失恋した、失敗した、、、、。

様々な不幸はあっても、

同時期に不幸をたくさんかかえることは

あまりない。

だからこそ、

「幸せじゃない」とか、

「幸せが欲しい」とかいう人は、

幸せの数を数えてみたらいい。

案外、たくさんあることに驚くはずだ。

そして、不幸の数も数えたらいい。

不幸は大きいものかもしれないが、

それほど数はない。

人間は、

たくさん不幸の数をかかえて

生きていけない。

つまり、生きている以上、

たくさんの幸せに守られている。

幸せに守られているから、

不幸にも乗り越えられる。

そのことを明解にして生きていけば、

現状の自分の人生が

もっと愛しく思えるはずだ。

 

アンテナという努力以前の気働き

 

(今日のコトバ)

 

その日、その時、

そこにいることを運という。

 

 

 

 

基本的には、

運をつかむことは、

努力の延長線上にあると

思っている。

目標に向かって努力した人が、

やっぱり最後は運をつかんでいる。

だが、一つだけ他力本願で

運を感じさせることがある。

それは、何かの出来事に偶然遭遇すること。

もっというと、出来事の当事者として

そこにいること。

いやがおうでも、

その出来事に対峙しなければならない。

その出来事に絡むうちに、

自然にチャンスが飛び込んでくる。

これだけはどうしようもない気がある。

だが、この偶然の出来事も、

常に、自分のアンテナを張り巡らせ、

出来事をキャッチして、

チャンスをつかんでいるのかもしれない。

そう考えてみると、

アンテナという努力以前の気働きが

チャンスをとらえる可能性がある。

人生は、

矢のようにチャンスが

やってくるわけではない。

だとしたら、アンテナを広げて、

チャンスを見逃さない気働きをする。

大切なことだ。

 

求める意欲

 

(今日のコトバ)

 

ずっと、探し物を探していたい。

つまり、ずっと目標のある人生でいたい。

 

 

目標、と声高に掲げなくても、

自然に何かを求めているのが人生。

大小にかかわりなく、

今日の中で、いますぐに、

明日以降で、、、、何かを求めている。

何でもないよなことだけど、

実は、これが生きるために

とても大事なこと。

何も求めなくなったり、

求めることが少なくなったりすると、

自分自身があまりいい状態ではない。

意欲がなくなっているとも

言い換えられる。

反対にいえば、

生きるために

求めるものが必要ともいえる。

目標ほど大きく掲げなくていいから、

何かを求める、何かを探す。

その意欲を持つために、

自分の中で何か求める意識を持つ。

長い人生を生きていくには、

大切なことだ。

妥協と後悔は血がつながっている

 

(今日のコトバ)

 

妥協とは、

自分が自分の嫌なところを

許すこと。

 

 

 

「こんなものでいいだろうと、

妥協する」

「歩みよって、妥協する」等。

どこかに、

落としどころを見つけて、

意見を調整するために、

妥協がある。

本来の意味は、

そういうことかもしれない。

ただ、普段の生活で妥協を使う時は、

あきらめた気持ちの時に使ってしまう。

それも、あきらめてはいけない時に、

頑張れなくて、

あきらめてしまうのが

妥協なのだ。

難しい問題かもしれないが、

妥協してよくない時は、

たいがい人生の大一番だったりする。

そこで妥協してしまうのは、

自分の弱い部分が出て、

求めていた結果ではないが

終りにする気持ちが働いてしまう。

もちろん、どうにもならなくて

妥協することはあるだろう。

だが、人生の大一番で妥協すると、

絶対に後の人生で後悔する。

後悔しないためにも、

妥協を減らす。

妥協と後悔は血がつながっている。

そこを意識して生きるべきだ。

 

とらわれずに想像する

 

(今日のコトバ)

 

メニューにないものを表現しろ。

マニュアルにないものを想像しろ。

レギュレーションにないものを発想しろ。

まだ見ぬものが人間を進化させていく。

 

 

 

 

世の中のコンプライアンスは、

人を常識的に生きろと規制してくる。

ただ、常識ばかりで生きていては、

つまらない世の中になってしまう。

いい意味で非常識な発想が必要だし、

いい意味で未完成な想像が大切になる。

パソコンが標準装備され、

AIが未来をつくるようになっても、

人間の進化していく想像力は必要だ。

だからこそ、

日々の生活の中で、

想像力を駆使する訓練をする。

マニュアルや

レギュレーションにとらわれず、

自由に絵を描いていく。

そんな意識を常に持つことが

大切な時代だ。

はじめの一歩は、最大の一歩

 

(今日のコトバ)

 

人生においてはじめの一歩は、

最大の冒険である。

 

 

 

何事もはじめることが肝心。

はじめてしまえば、

様々なものが動き出す。

動き出せば、

自然と、勢いで、

前へ、前へ進んでいく。

「はじめの一歩」

たかが一歩、されど一歩。

この一歩は、

目標達成するまでの一歩で

一番大事。

一歩が数百歩、数千歩の価値がある。

もっといえば、はじめの一歩は、

大いなる冒険への一歩でもある。

だからこそ、

大事な一歩。

とにかく一歩踏み出すも良し。

じっくり考えて踏み出すも良し。

ただ、はじめの一歩は、

目標達成へ最大の一歩となる。

そのことを意識して

一歩踏み出そう。

 

 

 

心をあたためる特効薬は、人

 

(今日のコトバ)

 

寒さが身に沁みるたびに、

人はほんとうのあたたかさを

身に着けていく。

 

 

 

東京は、昨日季節外れの20°超え。

半袖でも街を歩ける12月となった。

ただ、これからは少しずつ寒さが本番を迎え、

コートやダウンが必要な気候になっていく。

毎年、この時期になると考えることがある。

寒さが沁みると、

心が冷たくなるな、と。

体が感じる寒さはもちろんだが、

自分の心の冷たさを

どうあたたかくするかも考える。

体に関しては、

防寒具、暖房でなんとかできる。

では、心はどうだろう。

体をあたためるだけでは、

心はあたたかくならない。

どう心をあたためるか?

一番は、

人にあたためてもらうことを

考えるのではないだろうか。

それも、自分の心を

あたためてくれる人と

コミュニケーションをとる。

話すでもいい。

スキンシップでもいい。

食事をするでもいい。

心のあたため方を知っている人と

コミュニケーションをとる。

これが寒い心を、

冷たい心をあたためる最善の策。

それ以外にもいろいろな方法がある。

心をあたためる映画・本・コンサート等の

エンターティンメントとの出会いを求める等。

それもありだ。

だが、一番は心をあたためてくれる人と

どうコミュニケーションをとるか。

そこさえ意識して生きていけば、

心が寒くなった時、

いち早くあたためることができる。

心をあたためる特効薬は、

人なのだ。