仕事力を向上させるのは、締め切り

 

(今日のコトバ)

 

人は、

締め切りというゴールを切るたびに

成長していく。

 

 

 

締め切り、納期など、

どうしても延ばせない

期日がある。

特に仕事をしている人は、

この期日に間に合わせるために

全知全能を使って行動する。

一人でなんとかなるものもあるが、

ほとんどが多くの人が関わって

最終形をつくる。

誰か一人が遅れると、

関わるスタッフすべてが

てんてこ舞いになる。

どこかで遅れた分を

取り返さなければならなくなる。

誰かがスピードをあげて

作業を処理しなければならない。

大変な作業になる。

ただ、この大変な作業を越えるたび、

人はさまざまな能力を身に着けていく。

技の向上、システムの熟知、

速さの向上、段取りの向上、

スタッフの調整等、

すべての能力がアップする。

仕事力を向上させるのは

締め切り、といっても過言ではない。

そう考えると、

締め切り、納期は成長の壁。

勢いよく挑んでいくと、

自分が成長できる。

進化した自分と出会うことのできる

壁なのだ。

目標達成のために言葉を使え

 

(今日のコトバ)

 

なりたい目標があるなら、

なりたい方向にあるコトバを

使いましょう。

 

 

 

目標がある。

どうしても達成したいことがある。

そのために何をするか。

目標に向かって行動し、

切磋琢磨することは

あたりまえだが、

その前に言葉が大切なると思う。

日々使っている言葉が、

目標に向かっているか。

どうしても達成したいなら、

達成したいというべきだし、

達成するにはどうしたらいいかを、

積極的に発していくことも大切。

小さなことかもれないが、

モチベーションを上げるためにも、

まわりの人間に理解させるためにも、

言葉に発しながら行動する。

この小さなことが、

やがて達成に導く。

目標達成の武器として、

言葉の使いようは必須だ。

今日の今という時間を大切に

 

(今日のコトバ)

 

人生のはじまりは、

今日、目覚めた瞬間なんだ。

 

 

 

昨日までの日々、

いろいろなことがあったと思う。

想い出、過去、たくさんの財産がある。

だが、生きているのは、

今日の今という瞬間。

それ以前も生きていないし、

それ以後も生きていない。

人生は、

いつだって今しか生きていないのだ。

そう思うと、

過去ばかりに気をとられても

しかたない。

未来のまだ起こってもいないことに

あせってもしかたない。

今日の今という時間を

最大限楽しいものにして生きていく。

もちろん、

楽しいことばかりではないが、

それでも自分が楽しめる時間を

増やしていく。

過去や未来に時間を

とられるのではなく、

今という時間を大切にする。

有意義に生きるために

必要なことだ。

言い訳は進歩の反対側にある

 

(今日のコトバ)

 

言い訳のやばいところは、

嘘とやる気のなさで抵抗していることだ。

 

 

 

 

何かに対して言い訳をする。

その時、自分はどういう状態だろう。

状況にもよるが、

たいがいは、嘘をつこうと思ったり、

やる気のなさで支配されていたりする。

「そんなことやりたくない」

「それば自分ではない」

などの自己防衛からはじまって、

言い訳というバリアをはっている。

時に、人生には、

言い訳が必要な時がある。

だが、言い訳をしている時、

人は、絶対に前進していない。

進歩もしていない。

そこだけは理解しておこう。

進歩するためには、

肯定して、受け入れて、

前向きに動くことが必要。

言い訳は進歩の反対側にある。

そのことを忘れてはいけない。

生きることは、只者の能力ではない

 

(今日のコトバ)

 

強いものが生きているのではない。

生きているものが強いのだ。

 

 

 

強いといわれる人がいる。

弱いといわれる人がいる。

だが、人生という荒波を

何とか生きてきた人は、

みな強いのではないか。

もう少し正確にいうと、

生命力があるといっていい。

気が弱い。

ケンカが弱い。

引っ込み思案。

人の影に隠れる。

存在感がない。

等々の人の弱さをあらわす言葉は

たくさんあるが、

そんなことは関係ない。

ただ生きているということが

凄いこと。

さまざまな環境の中で、

いろいろな問題が起っても、

なんとか折り合いをつけて生きている。

その生命力は、

只者の能力ではない。

だからこそ自信を持っていい。

生きている。

ちゃんと生きているだけで、

あなたは弱くない。

大きな価値のある存在として、

この地球に生きているのだ。

最適こそ、最高

 

(今日のコトバ)

 

最高の上を狙え。

まだ、最適が残っている。

 

 

 

最高という言葉もいいけれど、

本当の最高は最適なような

気がする。

自分に一番フィットしているものが

快適な気持ちを醸成し、

幸せな気分にさせる。

その幸せが

時に、最高になる。

自分と意見の合う人。

自分の体に合った服・装飾品。

自分といい関係の仲間等。

自分と意見の合う人がいると、

気持ちがいいし、

話が前へ進む。

もちろん、ただ話を合わせている人もいる。

そういう人を除いて、

自分と本当に意見が合う人が

そばにいると気持ちいい。

服や装飾品も、

自分が気に入ったものがいい。

さらに、チームや仲間も、

最適な人間が揃っているのが

いちばん心地いい。

ドリームチームとよばれるが、

何も外部からスペシャリストを

集めるのではなく、

いつもチームの

クオリティを上げていくことが、

最高のチームだったりする。

つまり、最適こそ、最高。

最適という最高は身の回りにある。

そのことを忘れてはいけない。

 

仕事場に行けば、夢や目標がある

 

(今日のコトバ)

 

それでも、

夢がいちばんたくさん

落ちているのは、

仕事場でした。

 

 

 

夢というか。

目標というか。

いちばんたくさん生息する場所は

どこだろう。

考えてみると、

やっぱり仕事場になる。

仕事場だと、

いやがおうでも、

目標はつくられる。

一年だったり、半期だったり、

四半期だったり、一か月だったり、

目標の下に切磋琢磨するといっても

過言ではない。

さらに、その目標の先に夢ができたり、

この仕事をやっているからこその

夢が生まれたりする。

無数に、

無限に夢や目標が生まれてくる。

もちろん、ノルマのような目標ばかりで、

ただただ、しんどいこともある。

だが、もし、いま夢や目標が無いと

嘆いているなら、

仕事をする。

仕事場に行く。

仕事に行けば、

いろいろな夢や目標が待っている。

後は、自分がやるかやらないかだけ。

夢や目標を持てない人にとって、

最高の環境をつくってくれる。

それだけは間違いない。

 

自分が自分を裏切らないこと

 

(今日のコトバ)

 

自分の中で

「自分を裏切らないもの」が

自信となる。

 

 

 

何かを達成した時、

いつも考えることがある。

「自分が自分を裏切らなかったか」と。

夢や目標に向かって邁進する時、

必ずといっていいほど

困難がある。

その困難にどう立ち向かったか

考えを巡らせる。

全力を投入したか。

苦しい場面で逃げなかったか。

誰かに責任を転嫁しなかったか。

すべては、「自分が自分を

裏切ってないか」の検証になる。

その時、何か

「自分が自分を裏切ったもの」があると、

達成しないし、いつまでも後悔する。

だからこそ、人生において

大切な夢や目標に向かっている時、

自分が自分を裏切らないことを

大切にする。

自分が自分を裏切ってさえいなければ、

達成しなくて納得できる。

自分が自分を理解できる。

そう思うと、

夢や目標を前に

自分が自分を裏切らないことは、

もっとも大切なこと。

真摯に守っていきたいものである。

 

地球上唯一の生きものである、あなた

 

(今日のコトバ)

 

あなたに代わる人間には、

一生出会わない。

あなたは、

それほど価値ある人間です。

 

 

 

この地球に

あなたと同じ人間は存在しない。

あなたは地球上の唯一の生きもの。

あなたという存在は、

何ものにも代えがたい価値がある。

ただ、人間は漠然と生きていると、

その尊い価値を忘れてしまう。

無駄に自分を使ってしまって、

つまらない時間を使ってしまって、

存在価値を発揮しないで

生きてしまう。

これほどもったいないこともない。

一生を生きるなら、

地球上唯一の生きものとして、

最大限の存在価値を発揮ずきだ。

すべての生き方が、

誰にも似ていない唯一無二の

人生になる。

そのことを忘れないで

生きていこう。

 

老いていくことに抵抗して生きる

 

(今日のコトバ)

 

50歳になっても、若気の至り。

60歳になっても、身の程知らず。

 

 

 

日本人の寿命がのびている。

長く生きる人が増えてきた。

50歳もまだまだ若いし、

60歳もいろいろなことができる。

そう考えると、

何もオジサン・オバサンにならず、

老いていくことに抵抗して、

年を積むことも素敵なことだ。

仕事を続けるもよし。

趣味に生きるもよし。

何か新しい扉を開くもよし。

長く生きられる時間を

大切にして生きる。

人生は一度きりだ。

やりたいことをやりきって

生きていく。

自分の人生設計として

意識したいものだ。